新発田市の庭園 清水園の写真集

清水園は全国的に有名ではありません。

ですが京都の庭園や金沢の兼六園にもひけを取らない美しい庭園です。

大きな声で言えませんが混雑していないので独占気分は格別です




清水園は江戸時代、幕府茶道方の
縣宗知(あがたそうち)の指南の下で造営。



近江八景を取り入れた京風の回遊式庭園で、
中央には草書体の「水」の字をかたどった
大泉池が配置されています。



園内にある書院は庭園より古く、簡素な数寄屋造りの建物で、
池の周囲には五つの茶室が点在します。



庭園は 春には萌える緑、初夏にはあやめ、やがて秋の紅葉、
冬には静寂の白雪と、四季折々の美しさを楽しめます。




10万石大名の下屋敷にふさわしく、
越後路から東北にかけて他に比を見ない
名園といわれているそうです。




遠州流の茶人で、幕府の庭方でもあった宗知は、
4度も新発田を訪れたと古記録は伝えています。




 

田中泰阿弥は銀閣寺の足利義政愛用のお茶井戸なる
石組を発見修復した新潟出身の天才庭師。
ここ清水園以外にも中蒲原郡横越町北方文化博物館、
岩船郡関川村渡辺邸、柏崎市植木邸豊耀園
などを修復しています。

 

 

2003年には五十公野御茶屋と共に国の名勝と指定されています。
同時期に白沙村荘庭園【京都府京都市】
も国の名勝に指定されています。

 

元のページに戻る  

ますがた荘へ戻る!